1. HOME
  2. ブログ
  3. 米大手企業15社が仮想通貨決済受け入れへ

米大手企業15社が仮想通貨決済受け入れへ

日本時間で昨日から開催されている仮想通貨業界の重要カンファレンス「コンセンサス」が開催された。

大型カンファレンス「コンセンサス」にて、仮想通貨企業Flexaが新しく仮想通貨ウオレットアプリ「SPEDN」の提携を限定的に開始したことを発表。

この新しい仮想通貨決済アプリが米国の大手企業15社が受け入れたことが判明した。

大手企業15社の中にはスターバックスなどが含まれる。

 

Flexaは仮想通貨技術を駆使して新たな送金・ペイメントネットワーク作成を目指している企業で、今回は仮想通貨決済を簡素化した送金アプリ「SPEDN」を発表。

今回のカンファレンス会場に来場したユーザーを対象にアプリのダウンロードを開始している。

受け入れを表明した企業には、「サーテイーワンアイスクリーム」として定評のあるバスキン・ロビンスや大手コーヒーチェーンのスターバックスなどでも仮想通貨決済が可能になっていくという。

 

今回は今まで決済手段として使用していたアプリに仮想通貨決済が追加され間接的に決済できるようになったわけではなく、仮想通貨決済アプリの決済方法を正式に導入したことである。

 

Flexaは既存の金融業界やクレジットカードなどの送金システムに頼らず直接ブロックチェーン上で開発された点が既存の仮想通貨ウオレットと異なる。これによって余分な手数料などの削減を目指す。

 

仮想通貨業界の大きな課題として挙げられるのは「仮想通貨決済の普及」である。

今回スターバックスなどの米国の大手企業で仮想通貨決済が認められた点は仮想通貨の主流化に向けた一歩だと考えられる。

 

今後の動向に注目していきたい。

(参考:https://coinpost.jp/?p=83905&from=new_top)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事