1. HOME
  2. ブログ
  3. 世界最大の仮想通貨取引所バイナンスでハッキング被害が発生

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスでハッキング被害が発生

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは7日、ハッキングによる「大規模なセキュリテイー侵害」によって7000BTCが引き出されたと発表しました。

 

(バイナンスは2017年7月に設立されており、本社所在地はマルタ島になっております。

取り扱いの暗号資産の数は1000を超えアクテイブユーザーは1,000万人を超えており世界最大級の仮想通貨取引所です。)

 

現在のビットコインの価格は約635,793円です。

なので

 

7,000×635,793=4,450,551,000円になります。

なんと44億円にも上ります。

 

バイナンスによると、ハッカーたちはセキュリテイー情報を盗み、ウイルス攻撃など様々な技術を駆使したという。一回の取引で7,000BTC(約44億円)の引き出しに成功したとのことです。

 

バイナンスによると、ハッキング等の影響は上記の取引のみに限定されています。

ハッキングの被害にあったのはバイナンスのビットコイン保有量の2%が保管されているホットウオレットのみです。(ホットウオレットとはオンラインで資金を管理するウオレットのことです)

 

ホットウオレットはオンラインになっているので、危険が伴いますね。

オフラインで管理をすることのできるコールドウオレットなら安心できます。

 

バイナンスは今後1週間ほどをかけてセキュリテイー体制の見直しを図るとのことです。

進捗状況はその都度伝えるとのことで、今後の進展に注目です。

 

(参照;https://jp.cointelegraph.com/news/binance-discovered-a-large-scale-security-breach)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事