1. HOME
  2. ブログ
  3. フランス政府がパリのノートルダム大聖堂再建で仮想通貨での寄付を検討

フランス政府がパリのノートルダム大聖堂再建で仮想通貨での寄付を検討

フランス政府がパリのノートルダム大聖堂再建で仮想通貨での寄付を検討

 

フランス経済・財務省のデジタル分野のセドリック大臣は、ノートルダム大聖堂の再建に向け、仮想通貨で寄付ができるように仮想通貨プラットフォームとの連携を検討すると述べた。

ブルームバーグが4/17に報道をした。

 

フランスを代表する観光名所、パリのノートルダム大聖堂で15日、大規模な火災が起きた。中央部分の屋根が崩壊し、高さ約90メートルの尖塔が焼失した。世界文化遺産を襲った火災に、世界中が騒然とした。

 

ノートルダム大聖堂はゴシック建築を代表する建物であり、1991年にユネスコの世界遺産に登録された。フランスを代表する建物ですね。

 

仮想通貨取引所であるバイナンスは「Rebuild Notre Dame」というキャンペーンを開始しています。バイナンスのキャンペーンサイトよりビットコイン、イーサリアム、バイナンスコインによる寄付を受け付けています。

 

フランス政府による公式のページでは寄付の受け付けはしていない状態です。

 

暗号資産と寄付は非常に相性がいですね。

送金速度が速くて、匿名で寄付をすることができます。

 

今後公式に暗号資産での寄付が認められれば、暗号資産の価値も大きく上昇しますね。

 

今後の暗号資産の動きに注目です。

(参考;https://jp.cointelegraph.com/news/french-govt-minister-open-to-enabling-crypto-donations-for-notre-dame)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事