1. HOME
  2. ブログ
  3. マイニング手数料の消滅により起こる?ブロックチェーンが抱える51%攻撃

マイニング手数料の消滅により起こる?ブロックチェーンが抱える51%攻撃

マイニング手数料の消滅により起こる?ブロックチェーンが抱える51%攻撃

 

あなたは51%攻撃という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは仮想通貨に使われているブロックチェーンというシステムに関するデメリットの話です。

 

今回は、ブロックチェーンについて知る上で避けて通ることのできない51%攻撃という大きなデメリットについて解説していきます。 これはブロックチェーンが構造的に抱えるデメリットの最たるものと言って過言ではありません。

 

 

マイニングにおける多数決の原理

そもそもブロックチェーンというシステムには中央機関が存在しません。そのため、仮想通貨の取引に関与する世界中の人々が所持するコンピューターが集合してブロックチェーンというシステムを支えています。

 

そして、 ブロックチェーンのマイニングについては取引の正当性を決めるために多数決の原理が取り入れられています。データの正当性について、51%以上、つまり過半数の承認が得られれば、それに基づいた処理が行われるのです。

 

ビットコインを例にすると、現在ブロックチェーンにてマイニングを行うチームは複数あり、マイニングにより発行されるビットコインと手数料を目当てに活動しています。

 

しかし2140年頃にビットコインの発行量が上限に達すると考えられており、そこから先はいくらマイニングを行なってもビットコインは手に入らなくなります。そうすると、マイニングから撤退するチームが生まれ、最終的に1つのチームがマイニングについて51%以上の権限を持つ恐れがあるのです。

 

 

法整備で対応

このようにマイニングにおいて、51パーセントの承認権力握ることが、ブロックチェーンにおける取引の内容を決めてしまえるほどの影響力を持っています。そのため、これからは仮想通貨及びブロックチェーンについて各国で法律が整備されることが望まれています。

 

このような法規制が悪意ある集団に追いつくことができない場合、ブロックチェーンのシステムが持つ信頼が損なわれ、仮想通貨自体の価値が大きく下がるでしょう。51%攻撃はブロックチェーンという新技術が抱える大きな課題です。

 

まとめ

このようにブロックチェーンについては、多数決の原理が採用されていることから、将来的には51%問題というデメリットが存在します。51%の承認権限を有する期間が登場することにより、カブロックチェーン上でなされる取引が恣意的に操作されると考えると、実に恐ろしいことです。

 

今後、51%攻撃を含めた仮想通貨に対するさらなる技術の発展と法整備が期待されます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事