1. HOME
  2. ブログ
  3. 管理者がいないから新しい!大きな注目を集める仮想通貨の特徴

管理者がいないから新しい!大きな注目を集める仮想通貨の特徴

管理者がいないから新しい!大きな注目を集める仮想通貨の特徴

 

仮想通貨が注目を浴びているのは全く新しい形態の通貨だからです。従来使われてきた各国の法定通貨や電子マネーと仮想痛は大きく異なるのです。

 

今回は仮想通貨の特徴について解説します。仮想通貨の特徴を知ることで、なぜ仮想通貨が大きな注目を浴びているのかがわかるはずです。

 

 

仮想通貨には管理者がいない

ビットコインなどの一部の仮想通貨の最も大きな特徴は「独立した管理者がいない」ということです。これは日本円との比較を行うとわかりやすくなります。

 

日本円の場合

私たちが普段から使っている日本円は日本国によって管理されています。つまり日本政府の金融政策によって発行量を増やすことも減らすこともできるのです。また日本円が通貨として使えるのは、日本という国に一定の信頼が存在するためです。

 

例えば、あなたが今日から「わたし国」を立ち上げて、独自の紙幣を発行しても、それを使ってコンビニでお茶を買うことはできません。なぜならば、わたし国の紙幣を受け取ったコンビニは、その紙幣を利用して他の買い物ができないためです。

 

しかし日本円ならばそれができます。この根底には「日本円は国際的には多少の価値の上下があっても、基本的には一定の価値を持つものだ」という信頼があるためなのです。つまり各国の法定通貨の価値の根底には、それぞれの法定通貨を管理する国への信頼があるのです。

 

仮想通貨の場合

しかし、仮想通貨には日本円にとっての日本政府のような一つの確たる管理者がいるわけではありません。では、仮想通貨は誰が管理しているのかというと、ブロックチェーンという技術を介して、仮想通貨を保有する不特定多数の人が管理しているのです。ブロックチェーンについては、「こちらの記事」を参照してください。

 

このように仮想通貨には独立した中央管理者が存在しないため、その中央管理者が崩壊することによって通貨の価値が低くなる恐れがないところに大きな特徴があります。例えばこれが日本円であれば、極端な話をすると日本という国が何らかの理由で消えてしまった場合、あなたが手元に持っている日本円は全くの無価値となってしまう恐れがあるのです。

 

しかし仮想通貨は仮想通貨を持っている人とブロックチェーンという技術自体が管理者であるため、各国の法定通貨のように管理者の事情で価値が大きく下がるというリスクを持たないのです。

 

 

まとめ

以上のように「独立した管理者がいない」ということが仮想通貨の大きな特徴です。そのため法定通貨のように管理者がいることによって存在するリスクが仮想通貨には存在しないのです。このような管理者不在でありながら財産的価値を持つ通貨としてここまで広く市場に浸透したものは仮想通貨が初めてでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事