1. HOME
  2. ブログ
  3. 1,500種類以上!現在世界にある仮想通貨の種類と日本で上場されている数

1,500種類以上!現在世界にある仮想通貨の種類と日本で上場されている数

今回の記事では仮想通貨の種類について紹介したいと思います。仮想通貨ではビットコインが最も有名ですが、今や世界中には様々な種類の仮想通貨が溢れています。はじめに仮想通貨の種類がどれほどあるかを知ることは、これから仮想通貨の取引に関わっていく上で重要になるでしょう。

 

そして仮想通貨の中には詐欺目的で作られているものもあるということを覚えておいてください。それを避けるためには、日本の取引所で取引されている仮想通貨を選ぶことが大切です。

 

 

現在ある仮想通貨は1,500種類以上

あなたは現在何種類程度の仮想通貨があるかご存知でしょうか。数十種類と考えた人もいるかもしれませんが、現在世界中には1,500種類以上の仮想通貨があります。

 

そもそも仮想通貨自体は、ブロックチェーンというシステムを筆頭にしたいくつかの機能を揃えることができれば、誰でも生み出すことができます。しかしながら、そうして生み出された仮想通貨が実際に取引に使用されるか否かは全く別問題となります。

 

つまり1,500種類以上あるとはいっても、実際に流通の段階まで到達することができている仮想通貨の数は決して多くありません。

 

 

日本の取引所に上場されているものは14種類

現在日本の仮想通貨取引所に上場されている仮想通貨は全部で14種類となっています。 これら14種類の仮想通貨には金融庁の認可があるため、投資対象としても、現実的な取引に使用する通貨としても、選びやすいものとなっています。

 

日本においては、金融庁の許可を得た仮想通貨でなければ取引所に上場することができません。そのため、1,500種類の中に存在する詐欺の危険性が高い仮想通貨は取引所で扱われていないのです。詐欺目的で構築された仮想通貨を避けることは、投資目的で仮想通貨を購入するためにも、所有目的で購入するためにも必須です。

 

 

まとめ

これから仮想通貨を購入して投資や運用して投資使用していこうと考えている人は、現時点においては日本の取引所に上場されている14種類を対象とすることが望ましいでしょう。誰も知らないマイナーな仮想通貨に投資をして、莫大な利益をあげようと考える気持ちもわかりますが、中には詐欺に使われているだけの仮想通貨も存在するので注意してください。

 

特に外国の仮想通貨を購入しようとする場合は、言語の壁を越えて情報収集をする必要があります。詐欺目的の仮想通貨をつかまされてしまうことは、投資に失敗する以前のことです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事