1. HOME
  2. ブログ
  3. 金本位制度時代の貨幣について

金本位制度時代の貨幣について

通貨の成り立ちに欠かせない、金本位制時代の貨幣制度について

金本位制とは? 今とは違う通貨の制度

金本位制とは、とある国や集団などでの通貨の価値の裏打ちとした通貨の制度です。
これはかなり昔から存在する制度で、東ローマの時代から存在していました。
この金本位制度ですが、いくつかの特徴があります。

金そのものを通貨として使っていた

金はそのものに価値があります。
このため、金本位制の時代では金そのものを使った硬貨が流通していました。
今の日本の硬貨とは立場が違い、物によっては数万円から数十万円の価値を持つものでもあったのです。
このため、硬貨何枚かで家が買えたり、金自体を価値のあるものとしてやり取りをしていたのです。
当時は、金の量がそのままその国の経済を支えるものでもあり、その国の経済価値をとても高めていました。

金そのものではなく、金の預け証明書も価値があった

また、人々はもらった金を預ける場所に預けていました。
これは今でいう銀行なのですが、このとき金を預かった証明書をそのまま買い物や商品との交換の際に、金交換の証明書を使っていた地域もあります。
これは今でいうお札のような役割を持っていたともいわれています。
この証明書でも十分価値あるものとの交換ができたり、資産価値があると考えられていました。
というのもこの証明書を持っていくと、金と交換できるようになっていたのです。
このため、人々は重い金貨を持ち歩く必要がなくなり、その証明書で欲しいものを購入したり、価値のあるものと交換できました。

通貨のやり取りが頻繁になり、金が不足するように

そして、金本位制になるといろいろな通貨のやり取りが頻繁に行われるようになりました。
というのも、金本位制はその証明書があれば十分金があると考えられるため、金がなくても十分通貨として成り立ったのです。
ただし、この金本位制も必ずしもメリットがあるとは限りません。
金本位制は交換できるだけの金がないと、証明書を発行することができないのです。
このため、金がないと通貨が足りず、買い物や生活に支障を出すことになります。
また、社会が金の総量よりも多くの通貨を必要とする場合、その時点で金の価値よりも多い通貨が必要になりました。

金本位制をやめる国々

このため、金本位制から脱出する国々が出てきました。
日本の場合は明治時代の1871年、日本での通貨である「円」ができたのです。
実はこの円は「ドル本位制」といい、アメリカドルが1ドルだったら1円という決まりの元運用されていました。
つまり、1ドルがあれば1円と交換できたのです。
この頃の1円は今の1円とは違い、かなり価値がありました。

金本位制で他にも使われた金属

ちなみに、金本位制とはいえ、他にも様々な通貨が存在しました。
代表的なのは銀貨です。
銀は柔らかく金ほど価値はないものの、金を使うほどではない少額の決済に使われていました。
また、銅を使うところもあったようです。
時代や地域によって通貨の価値基準などは違いがあるものの、概ね金・銀・胴の3種類の通貨を使っていたことが多いとされています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事