1. HOME
  2. ブログ
  3. 取引所と交換所の違い

取引所と交換所の違い

仮想通貨取引をするなら知っておきたいそれぞれの違い

仮想通貨の取引を行う場所

仮想通貨取引を行うには、株式投資や外国為替証拠金取引で必要となる、いわゆる口座が必要です。
これを開設してからでないと、取引はできません。
初心者にとって理解に苦しむのは、取引をする場所が二つ存在することです。
一つが取引所、もう一つが販売所と呼ばれ、どちらか一つだけの取引会社もあれば、両方持っている会社もあります。
そのため、自分はどちらで取引したいのかを決めて口座を開設するか、あるいは両方ある会社を選び、どちらの取引もできる状態にしておいて、どちらかを選ぶという選択肢もとれるようにしておく方法もあります。
後になってから、やはりあちらにすればよかったと思うこともあるかもしれないことを思うと、両方取り扱っている会社を最初に選んでおく方がいいかもしれません。
では、具体的に両者はどう違うのでしょうか。

取引所と販売所の違い

国内で仮想通貨取引を行っている人の大半は、仮想通貨交換業者と呼ばれる会社に口座を作り、そこで取引を行っています。
この会社には、取引所だけのところもあれば、取引所と販売所の両方を持っている場合には、どちらで取引をするか選択して使い分けができるようになっています。
仮想通貨交換業者のことを仮想通貨取引所の意味で呼んでいることが多く、単に取引所という言い方がされることもしばしばです。
取引所と販売所はどちらも仮想通貨の購入先のことですが、販売所の特徴は仮想通貨取引交換業者から直接購入するところにあります。
一方の取引所は、取引を行う個人と個人が直接取引を行います。
双方にメリットとデメリットが存在しますので、それぞれの特徴を知ってどちらで取引するかを決めることが大事です。

手数料の特徴

取引所は個人間で取引をすることから、手数料が安くなるというメリットがあります。
販売所は、いわば手数料で儲けを得ているため、大手の販売所ともなるとスプレッド手数料が5%ほどかかってきます。
それに対して取引所では個人間で取引を行うため、手数料を0.2%未満に抑えることができ、この差はかなり大きいのが特徴です。
ただ、販売所によって手数料の設定率は異なり、2%程度のところから5%近いところまでありますので、販売所で取引がしたい場合は手数料の率から選ぶという選択肢も出てくるでしょう。
取引所の場合、取引をするタイミングによって変わりますが、販売所よりも安い0.2%といったわずかな手数料で済むため、手数料という費用の違いが大きいことは明らかです。

初心者が使うにはどちらがいいか

仮想通貨の取引をするにあたって、初心者にはどちらが向いているかといえば、手数料は高くなるものの販売所でしょう。
取引所では板を見ながら、注文を指値でするか成り行きでするかという選択をします。
株式投資をしたことがある人ならわかりますが、この注文を出すのはかなり難しく、知識と経験を要します。
その点、販売所なら「この値段で」とあらかじめ決めた価格でほぼ確実に買えますので、操作ミスなどが起こりにくく、初心者にも取り組みやすいところが向いている理由です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事