1. HOME
  2. ブログ
  3. 匿名性の高い仮想通貨

匿名性の高い仮想通貨

仮想通貨の匿名性と高い匿名性を持つ通貨とは

仮想通貨の特徴は透明性

そもそもビットコインの発案者であるサトシ・ナカモトの論文によれば、ビットコインを所有するすべての人に対し、すべての取引が公開されるというブロックチェーンを元にその仕組みが考えられていました。
このサトシ・ナカモトの論文を現実のものにしようと、コンピュータープログラマーや技術者が集まって、初めてこの世に仮想通貨なるものを生み出したことは、今や仮想通貨に少しでも興味のある人ならよく知っていることでしょう。
そんな仮想通貨の先駆けであるビットコインは、すべての取引が公開されるという透明性が最大の特徴であるにもかかわらず、取引をする人が増え、さらに仮想通貨の種類も増えてくるごとに、匿名性を求める声が多く上がるようになってきます。
もちろん、サトシ・ナカモトが考えた透明性を重視する利用者は多いものの、その中から正反対の要素である匿名性を求める声が上がってきたのはなぜなのか、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

匿名性が必要な人があらわれたことが最大の理由

ビットコインを例にとると、ビットコインを送金すると送金した人のメールアドレスと、送った先のメールアドレスがブロックチェーンに記載されます。
そのため、ビットコイン取引をしている人すべてにメールアドレスという情報がわかってしまうのです。
コンピューターシステムに詳しい人物であれば、メールアドレスから個人を特定づけるのは容易なことだといわれていますので、その流れから保有資産などの情報までがわかってしまうということに、取引した人が気づくようになりました。
ビットコインで莫大な資産を持っている人にとって、これは大問題といっていいでしょう。
そのため、ビットコインが持つ透明性ではなく、むしろ匿名性を持つ仮想通貨が必要だという考えが生まれることになったわけです。
一部の富裕層向けの必要性ともいえますが、仮想通貨で億万長者になる人が珍しくなくなったことを考えると、仮想通貨取引を行う誰もが、透明性から匿名性を求める可能性はゼロではありません。

匿名性の高い仮想通貨とは

実際のところ、取引履歴から高額の保有財産を持っていることがわかり、狙われて誘拐されるといった事象も起こっていますので、すでに匿名性の高い仮想通貨が出来ています。
有名なところでは、『Dash(ダッシュ)』『Zcash(ジーキャッシュ)』『Monero(モネロ)』といったあたりが、すでに富裕層によって保有されていることから、実際にニーズがあるのは明らかです。
これら匿名性が高い仮想通貨は、個人や個人情報を特定できないというメリットがある反面、透明性をなくしていることから、通貨の動きを知られたくない人にとって利用しやすいという特徴を生み出します。
つまり、悪用しやすい仮想通貨となりうるわけです。
マネーロンダリングや、仮想通貨を使っての脱税が容易になるというデメリットも持ち合わせてしまっていることから、匿名性だけをいかにうまく利用し、デメリットを使わせないようにするかという対策が求められる、難しい仮想通貨といえます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事