1. HOME
  2. ブログ
  3. ブロックチェーンの活用方法

ブロックチェーンの活用方法

仮想通貨取引だけではないブロックチェーン技術の活用可能性

仮想通貨取引だけのシステムではない

ブロックチェーンというとビットコインなどの仮想通貨を取引するためのシステムと考えている方が多いことでしょう。
ですが、ブロックチェーンの技術は仮想通貨取引だけでなく、様々な分野での活用や応用が可能な、画期的なIT技術といわれています。
従来のシステムでは、取引の履歴を記録するデータベースは運営母体を置いて中央で一カ所で管理するのが基本でした。
ですが、ブロックチェーンは分散管理台帳などとも呼ばれるように、中央組織を置く必要がなく、世界中でインターネットを通じて同じデータベースを保持しながら分散管理ができます。
多くの人が同じデータを分散管理することでデータの不正改ざんがしにくくなり、公正で安心の低コストな運用ができると応用が期待されています。

医療機関における活用

では、実際にどのような分野で応用ができるのでしょうか。
一部の地域で試みが始まるとともに、世界各地で応用が期待されているのが医療機関における患者カルテなどのデータの管理です。
現在でも電子カルテの導入などIT化が進められていますが、転院を希望する際や、症状の悪化や自然災害などにより病院を移動せざるを得なくなった際などに別の医療機関へのカルテの移行はスムーズではありません。
紹介状が必要、電子カルテのシステムが医療機関ごとに異なっていて互換性がない、デリケートな情報であり、改ざんなどがされない仕組みが必要など課題が残されています。
ブロックチェーンを利用することで、改ざん不能な医療データを患者本人も確認できるようにし、かつ、医療機関どうしで医療データへスムーズにアクセスできるようにできます。
医療機関や製薬企業などの研究者、生命保険や医療保険を扱う保険会社なども利用できるようにすれば、現在のような面倒な保険金や給付金申請の手続きを省いて患者の医療費の負担軽減にも繋げることができるようになるでしょう。
既にIT国家として名高いエストニアで導入が始められており、患者本人がインターネットを使ってブロックチェーン上で自分の電子カルテをIDを使って参照できるようになっています。
もちろん、医師も患者の医療記録に簡単にアクセスできますし、レントゲンなどの画像ファイルの検査結果を遠隔地から読み取ることもでき、遠隔医療などにも役立つことでしょう。

作品の発表と著作権管理

音楽配信や小説など著作物のリリースにあたっては、現在は仲介業者や版元などを通さなければならず、発表者にとっては収益が少なくなり、リスナーや読み手などのユーザーにとってはコスト負担も高くなっています。
また、盗作や盗用など著作権をいかに守っていくのかも重要な問題です。
現在のシステムをブロックチェーンで行うようにできれば、中央組織的な中間業者の存在を排除でき、作者とユーザーとのダイレクト交流も可能となります。
直接、売れるだけでなく、感想や意見などもリアルタイムにダイレクトで聞くことができるほか、改ざんができない仕組みを利用して著作権管理も容易になると予想されています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事