1. HOME
  2. ブログ
  3. たった3分でわかるブロックチェーンの仕組み

たった3分でわかるブロックチェーンの仕組み

たった3分でわかるブロックチェーンの仕組み

仮想通貨に興味がある人なら1度は聞いたことがあるであろう「ブロックチェーン」という言葉。

イマイチその意味がわからないという人のために、今回はブロックチェーンについて詳しく解説します。

ぜひ参考にしてください。

 

ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンは、取引履歴を分散共有し監視しあうことで、取引の正当性を確保する仕組みのことです。

ブロックチェーンを一言で表すなら「公開台帳」になります。

「仮想通貨をAさんからBさんに送りました」などの情報を世界中にあるノードが保管し、たとえノードに何か不具合が起きても別のノードに情報が記録されているのでブロックチェーンの情報が完全に失われることはありません。

「公開台帳」なのでブロックチェーンに記録された情報は誰でも閲覧可能で、ノードは全て対等なので「分散型台帳」とも呼ばれます。

 

 

ブロックチェーンの仕組み

全てのユーザー端末で管理されている以外にも、ブロックチェーンにはいくつかの特殊な仕組みがあります。

その1:リアルタイム更新に未対応
ブロックチェーンでは、情報が複数のユーザーの端末に分散管理されているので、取引ごとのリアルタイムの更新には対応していません。

その2:ハッシュ関数によって暗号化
取引には「〇月×日にAからBへ○○BTC」というデータが記録されブロックになり、誰でも閲覧できます。

ただし、具体的な取引内容はハッシュ関数によって暗号化されるので、詳しい内容はわかりません。

ハッシュ関数は不規則な文字列によって生成される関数で、データの内容が少しでも異なれば別のハッシュ値が生成されるため、データの改ざんが不可能とされています。

 

 

ブロックチェーンの種類
一概に「ブロックチェーン」と言っても、ブロックチェーンにはいくつかの種類があります。

その1:パブリック型

パブリック型のブロックチェーンは、取引記録が世界中に公開されており誰でも参加可能です。

パブリック型では、参加する人が増えれば増えるほどネットワークが保持するデータは改ざんされにくくなります。

パブリック型の代表例はビットコイン。
その2:プライベート型
特定の参加者だけが参加できるプライベート型では、管理者が存在するのが大きな特徴です。

すでに信頼された参加者による情報の共有なので、安全性だけじゃなくスピードと効率性に優れたタイプだと言えます。

見出し1:ブロックチェーンはビジネスの分野でも活躍する
ブロックチェーンは仮想通貨実現のために開発された技術ですが、最近ではSoftBankなどビジネスシーンでも活躍しています。

今後、ますますこのブロックチェーン技術を採用する企業が増えてくるかもしれません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事