1. HOME
  2. ブログ
  3. 大学生のブロックチェーンへの関心

大学生のブロックチェーンへの関心

大学生のブロックチェーンへの関心

 

米仮想通貨取引所coinbaseと英調査会社Qriouslyが
行った調査が話題を呼んでいる。
この調査は、仮想通貨やブロックチェーンに世界の大学生が
どれだけ興味を持ち関心を持っているのかを調査したものだ。

実は、すでに大学では、
仮想通貨やブロックチェーンの授業が開講されているのが
現実で、世界トップ50にランクインしている大学では、
42%の大学で授業が行われているのだ。

そのうちの米ニューヨーク大学では、
2014年から仮想通貨やブロックチェーンの授業を
開講した。当初の受講生は、35名程度だったが、
それから世界中で仮想通貨への関心が高まり、2018年の現在では、
生徒はなんと230人にも増えているのだ。

ビジネス界では、財務データをブロックチェーンベースで管理することが
進められており、大学で学ぶことで将来的には、大きく役に立つと
思う生徒ばかりなのだ。

間違いなく、ここ10年経たずに仮想通貨への変化を
味わうであろうと推測している。

現在の社会の中で主役となる仮想通貨だけに、
その仕組みはしっかりと学ぶ必要があり、
その知識が高ければ高いほど大手企業から声がかかり
活躍する場所を提供されるだろう。

更に、就職に強いと言われる法学部の場合でも、
ブロックチェーンに関する法律の知識が強い学生の方が
就職が有利となっているというのも社会の変化であることが
わかる。

また、世界の大学で仮想通貨の授業が開講される中で
驚くことが、世界トップ大学の学生18%が仮想通貨を
すでに保有しているということだ。
その中で、保有率が高い分野が医療分野の学生で19%、
続いて、コンピュータサイエンス分野の学生18%だという。

学生で仮想通貨を保有しているということは、
高い関心と今後のイメージがしっかりとできていると言えるだろう。

まだまだ序章に過ぎない仮想通貨の可能性は、
一体どこまで進化していくのか、
目が離せない毎日が続く。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事